覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1933年 : 国際連盟の脱退

1931年に起きた、中国での柳条湖事件をきっかけに満州事変が始まりました。
そして翌年の1932年に日本軍は、中国最後の皇帝である溥儀(ふぎ)をトップとした満州国(まんしゅうこく)という国を作りました。満州国を中国から独立した国家としたのです。

中国軍は日本に対して反発し、国際連盟に助けを求めました。これを受けた国際連盟はイギリス人をリーダーとする「リットン調査団」を派遣しました。そして調査の結果、「日本の行いは不当であり、満州国の独立も認めない」ということになりました。

このような調査結果を受けて、1933年に日本は不満を感じて国際連盟を脱退しました。

 1    9          3 3

ひとつ苦(る)しい、散々(さんざん)な国際連盟脱退。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]