覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1910年 : 韓国併合(かんこくへいごう)

日露戦争の後、日本は朝鮮を保護国としてソウルに総督府をおき、伊藤博文(いとうひろふみ)が初代の統監となりました。しかし1909年に、満州のハルビンで伊藤博文が安重根(あんじゅうこん)により暗殺される事件が起きました。

※ 総督府 : 植民地を管理するための役所
※ 安重根 : 朝鮮の独立運動家

これをきっかけに、日本は武力をもって韓国を併合して、日本の植民地としました。これを韓国併合(かんこくへいごう)といいます。日本政府は朝鮮支配を徹底するために、朝鮮民族を日本人に同化する政策をすすめて、日本語の使用・日本の歴史教育を強制しました。

1       9 10

つ、苦渋(くじゅう)の韓国併合

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]