覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1901年 : 八幡製鉄所(やはたせいてつしょ)の操業開始

日清戦争後、ロシアとの戦争に備えるため、多大な軍事予算を組み、軍備の強化に努めました。このため、軍需品をつくる軍需工場を中心に、製鉄・造船・車両などの重工業が発達させる必要があり、鉄鋼業を始めるべく福岡県にある八幡(やはた)で製鉄所が建設されました。
この八幡製鉄所(やはたせいてつしょ)は1901年から操業を開始しました。鉄鋼の原料となる「鉄鉱石」は中国から輸入し、「石炭」は筑豊炭田(ちくほうたんでん)を開発しました。

※ 鉄鋼業 : 「石炭」と「鉄鉱石」を原料にして、鋼(はがね)を作る産業
※ 筑豊炭田 : 福岡県にある、石炭が豊富にとれた炭田(たんでん)

    19 0     1

日暮(ひぐ一番(いちばん)、八幡製鉄所。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]