覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1894年 : 日清戦争(にっしんせんそう)

1894年に、朝鮮を巡って日本と清(しん)との間で戦争が起きました。この戦争を日清戦争といいます。

※ 清 : 当時の中国

朝鮮への進出を試みた日本と、「朝鮮は自分たちのものだ。」と主張する清(しん)の対立は、次第にエスカレートしていきました。
1894年に起きた甲午農民戦争(こうごのうみんせんそう)「別名、東学党の乱」をきっかけに、日本と清は戦争を始めました。

※ 甲後農民戦争 : 朝鮮の歴史上、もっとも大規模な農民が起こした反乱

日本軍は朝鮮から満州(まんしゅう)まで侵略していき、次々と勝利していきました。翌年の1895年には清が日本に対して降伏しました。そして、下関(山口県)で会議を開いて「下関条約(しものせきじょうやく)」を結びました。

※ 下関条約の内容
・清は朝鮮の独立を認める
遼東半島(リャオトンはんとう)と台湾を日本に譲る
・日本に対して、多額の賠償金を支払う (約3億1000万円)

1 8     94

いや苦心(くしん)の、日清戦争。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]