覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1281年 : 弘安の役(こうあんのえき)

1281年に元軍が再びに日本を襲撃してきた。これを「弘安の役(こうあんのえき)」という。

1274年に起きた「文永の役」のあと、元は14万人の大軍で日本に攻めてきたが、北条時宗(ほうじょうときむね)は既に防衛体制を整えていた。

博多沿岸に約20kmにも及ぶ防塁を築いて戦いに望んだ。元軍の戦法を周知していた日本軍は優勢に戦い、元軍を海上に撤退させた。そのうちに暴風が吹き、元軍は船の大部分を失って退却に追い込まれた。

   1  2 8   1 

人(ひとには言()えぬ、弘安の役

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]