覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1274年 : 文永の役(ぶんえいのえき)

1274年の文永11年に、モンゴル帝国の元(げん)軍が対馬(つしま)・壱岐(いき)を襲撃した。そして博多湾から上陸してきた。

※ 対馬 : 長崎県の北部
※ 壱岐 : 長崎県の北西部

元軍は火薬を使い、集団戦法北条時宗が率いる日本軍を苦しめた。日本の武士は名乗りをあげての一騎打ちや、少人数での先駆けを試みたため、集団で攻める元軍相手に一方的な損害を受けたが、昼頃には集団戦術に対応、また増援の到着により反撃に転じた。

元軍は博多を占拠したものの、終日の激戦で軍の編成が崩れたため撤退していった。 この戦いを「文永の役(ぶんえいのえき)」という。 後の1281年に起きた「弘安の役(こうあんのえき)」とあわせて、元寇(げんこう)という。

            1 2   74 

文永に、元の意地(いじ)はなし

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]