覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1232年 : 御成敗式目(ごせいばいしきもく)の制定

「承久の乱」の後、鎌倉幕府の勢力が伸びていくと、地頭として派遣された御家人と、荘園領主や現地住民とのトラブルが増加するようになった。

このため1232年北条泰時(ほうじょうやすとき)「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」という武士の法律を定めた。別名で、貞永式目(じょうえいしきもく)ともいう。御家人(ごけにん)や守護(しゅご)、地頭(じとう)の権利と義務について決まりが作られた。

※ 御家人 : 鎌倉幕府に従う武士
※ 守護 : 治安維持や武士の統制のための役職
※ 地頭 : 土地の管理や年貢の徴収、警察の仕事を任された役職

他にも裁判や家族制度を明らかにした。

        1      2 3 2 

破れば、人(ひと)、罪(つみなる「御成敗式目」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]