覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1221年 : 承久の乱(じょうきゅうのらん)

後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)が鎌倉幕府に不満を持ち、政治権力を取り戻そうと戦いを起こしました。1221年に起きたこの戦いを「承久の乱(じょうきゅうのらん)」といいます。

後鳥羽上皇は鎌倉幕府に不満をもつ武士や僧兵を集めて、第二第執権である北条義時(ほうじょうよしとき)に戦いを挑みました。一方、北条政子(ほうじょうまさこ)が涙ながらに「源頼朝(みなもとのよりとも)の御恩」を訴え、御家人を結束させました。
そして鎌倉幕府が送った大軍に、後鳥羽上皇は敗北しました。

承久の乱の後、後鳥羽上皇は隠岐(おき)に流されました。

※ 隠岐 : 現在の島根県

    1    2     2 1 
一気(いっき)不意(ふい)打ち、「承久の乱」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]