覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1159年 : 平治の乱(へいじのらん)

京都で、平安時代の1159年に起きた源氏と平氏の戦いがありました。この戦いを、平治の乱(へいじのらん)と呼びます。

保元の乱のあと、平清盛(たいらのきよもり)源義朝(みなもとのよしとも)の勢力争いがきっかけで、戦いが起きました。

この戦いで平清盛が勝利し、源義朝は戦死し、息子である源頼朝(みなもとのよりとも)は伊豆(いず)に流されてしまいました。

※ 伊豆(いず) : 現在の静岡県

源氏はこれで勢力を失いました。一方、平氏は力をつけ、政治の世界に本格的に進出していくこととなりました。

         1  1       5 9 
平氏の人々(ひとびと)ご苦労(ごくろう)様 、平治の乱

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]