覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1156年 : 保元の乱(ほうげんのらん)

皇位継承争いと、藤原氏の権力争いが組み合わさって起きた戦いがありました。1156年に起きたこの争いを、保元の乱(ほうげんのらん)と呼びます。

後白河天皇(ごしらかわてんのう)、藤原忠通(ふじわらのただみち)
                 VS
崇徳上皇(すとくじょうこう)・藤原頼長(ふじわらのよりなが)

という構造の争いでした。どちらの勢力も、武士である源氏(げんじ)・平氏(へいし)を集めて、京都で戦いました。

そして戦いの結果は、後白河天皇の勝利で終わりました。
この保元の乱で、武士実力を示して、平清盛(たいらのきよもり)源義朝(みなもとのよしとも)が政治の世界に現れるようになるきっかけをつくりました。

1 1   5 6 
いい頃(ころ)に起きた、保元の乱

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]