覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1083年 : 後三年の役(ごさんねんのえき)

前九年の役(ぜんくねんのえき)で活躍した、清原氏(きよはらし)が起こした一族の内部争いが1083年にありました。この戦いを後三年の役(ごさんねんのえき)といいます。
以前は清原氏と協力関係にあった源義家(みなもとのよしいえ)によって、戦いは収められました。

そして、源義家に味方をした藤原清衡(ふじわらのきよひら)が力をつけていきました。
平泉(ひらいずみ)を中心として奥羽に力を勢力を伸ばし、藤原清衡(ふじわらのきよひら)・藤原基衡(ふじわらのもとひら)・藤原秀衡(ふじわらのひでひら)・藤原泰衡(ふじわらのやすひら)の勢力を誇った一族を奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)と呼びました。

   1  0   8 3 
人(ひと闇(やみ)に巻き込む、後三年の役

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]