覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1051年 : 前九年の役(ぜんくねんのえき)

奥羽(おうう)地方に拠点を置いた豪族である安倍氏が、1051年に朝廷に対して戦いを起こしました。この戦いを前九年の役(ぜんくねんのえき)といいます。
これを迎え撃ったのは源頼義(みなもとのよりよし)・源義家(みなもとのよしいえ)の親子であり、清原氏(きよはらし)と共に戦うことで安倍氏を滅ぼしました。
この前九年の役により、源氏が東国に勢力を築くきっかけとなりました。

※ 奥羽(おうう) : 現在の東北地方
※ 清原氏(きよはらし) : 出羽(でわ)(現在の山形県・秋田県)にいた豪族
※ 源氏(げんじ) : 源(みなもと)の名字を持つ一族

   1  0    5 1 
人(ひと故意(こい)に打つ、前九年の役

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]