覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1492年 : コロンブスが西インド諸島を発見

スペインのイザベル女王の援助を受け、イタリアの探検家であるコロンブスインドを目指して航海に出た。船は、ニーニャ号、ピンタ号、サンタ・マリア号の3隻であった。

コロンブスはたどり着いた島に上陸し、サン・サルバドル島と名づけた。インドに到着したとコロンブスが誤解したことから、この周辺の島を「西インド諸島」と呼ぶようになった。実際にはアメリカ大陸に上陸していた。

※ サン・サルバドル島 : 西インド諸島、バハマにある島
※ 西インド諸島 : カリブ海周辺の島

1498年、ポルトガルの航海士であるバスコ・ダ・ガマインドに到達した。

     1 49 2         
意欲(いよく燃える、コロンブス

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]