覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

743年 : 墾田永年私財法

三世一身の法(さんぜいっしんのほう)で成果があげられなかったので、743年に聖武天皇は開墾の永世私有を認めた法律を出しました。

この法律を、墾田永世私財法(こんでんえいせいしざいのほう)といいます。

この法律を出してから,貴族や社寺が開墾に精を出し、私有地をどんどん広げるようになりました。そして公地公民という考え方は崩壊するのです。

※ 公地公民(こうちこうみん) : 土地は国民のものではなく、国家のものであるという考え

そして更に墾田の開発が進んでいき、やがてこの私有地は貴族の荘園(しょうえん)へと発展していくことになります。

          743 
土地を返すのはなしさ。「墾田永年私財法」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]