覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

723年 : 三世一身の法

奈良時代の723年に政府が開墾をするために法令を出しました。

この法令を、三世一身の法(さんぜいっしんのほう)といいます。

新しく溝や池をつくって開墾(かいこん)を行った場合は本人・子・孫(まご)かあるいは子・孫・曾孫(ひまご)の三代、古い溝や池を修理(しゅうり)して開墾をした場合は、本人一代に限り、開墾した土地の私有を認めるというものです。

この法令の目的は、足らなくなった口分田(くぶんでん)をふやすことでした。
※ 口分田(くぶんでん): 人民に与えられた土地のこと

でも実際にはそれほど効果なく、後に墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいのほう)が出されました。

7 2 3 
なにさ、土地を子に孫に伝えようなんて。三世一身の法

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]