覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1925年 : 治安維持法

「個人が財産を持ちすぎることは、貧富の差を生んで、やがて身分の差につながるのでいけない。」という考えから、「土地や原料などの私有を制限して、みんなが平等な社会を実現しよう」とする社会主義の思想がありました。

一方、「個人が財産を持つことを、法律で認めてあげる」ことを私有財産制度といいます。この私有持参制度を否定するような社会主義運動を取り締まるために、1925年、治安維持法が制定されました。

この治安維持法で罰せられた人も多く、死刑になった人もいました。1945年には廃止されました。

   1 9        25

行く(いく)んだ地獄(じごく)へ!治安維持法。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]