覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1923年 : 関東大震災

1923年の9月1日に関東地方でマグニチュード7.9の大地震が起きました。これを関東大震災といいます。この地震がもとで火災が引き起こされ、東京・横浜を火の海にして大災害となりました。死者は約10万人と言われています。

関東大震災は第一次世界大戦が終わった後の、不景気であった時期に起こったため、日本経済に大きな打撃を与える結果となったのです。多くの銀行が焼失したため、経済活動がほとんど麻痺してしまいました。

19     2   3

19の兄(にいん、地震でペッチャンコ!

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]