覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1873年 : 地租改正(ちそかいせい)

明治政府は1873年に「土地の税金に関する制度」を改定しました。これを「地租改正(ちそかいせい)」といいます。大久保利通(おおくぼとしみち)が打ち出しました。

地租改正の内容
・米を現金に変えて納める
・税金を納める際に、収穫高から地価に基準を改めた
地価の3%を地租として納め、土地の所有者に支払わせた

※ 地価(ちか) : 土地の値段のこと
※ 地租(ちそ) : 土地にかかる税金のこと

地租改正によって政府の収入が増えて、財源不足は解消されつつありました。しかし、農民にとっては税金の負担は重くのしかかりました。そのため、生活に苦しむ農民の不満が次第に高まるようになってきました。やがて全国で地租改正に反対する一揆がおこり、明治政府1877年に、地租を地価の3%から2.5%に引きさげました。

   1   8   73

人(ひと涙(なみだ)を流す、地租改正!

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]