覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

672年 : 壬申の乱

天智天皇(てんじてんのう)が亡くなった後、その後継者争いが起きました。
天智天皇の弟である大海人皇子(おおあまのおうじ)と、天智天皇の息子である大友皇子(おおとものおうじ)との争いです。
この672年に起きた「大海人皇子」VS「大友皇子」の争いを「壬申の乱(じんしんのらん)」といいます。

大海人皇子が勝って、天武天皇(てんむてんのう)となり,大友皇子は自害しました。
その後、天武天皇は自分を中心とした中央集権国家(ちゅうおうしゅうけんこっか)を達成させました。

           6     7 2 
大海人皇子。労()、名(かけて終わった、壬申の乱。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]