覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1837年 : 大塩平八郎の乱

江戸時代の後期である1837年に、大阪で大塩平八郎(おおしおへいはちろう)が起こした一揆がありました。この一揆を、「大塩平八郎の乱」といいます。「天保の大ききん」により、凶作や米価の高騰が起き、大阪では餓死者が続出しました。ききんに苦しむ人々を救うため、大阪で一揆を起こしましたが、一揆は鎮圧されてしまい、大塩平八郎は自殺しました。

※ 大塩平八郎 : 儒学者で、大阪に暮らして陽明学(ようめいがく)を広めた人物

    1 8    3 7   

人(ひと皆(みな)、驚いた大塩平八郎の乱。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]