覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

663年 : 白村江の戦い

663年に朝鮮半島の、白村江(はくすきのえ)で行われた戦いです。
唐(とう)と新羅(しらぎ)に侵略されてい百済(くだら)を助けるために、応援として日本は約3万人の兵を送りました。

唐 : 昔の中国の名前。
新羅 : 昔の朝鮮の一部の国。百済と争っていた。

しかし、日本は唐・新羅の軍に負けてしまいます。
このあと中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)は唐・新羅が侵攻するのに注意して、北九州に防衛対策を行いました。

6      6 3 
、無残(むざん)!負けちゃった白村江の戦い。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]