覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1649年 : 慶安のお触書(けいあんのおふれがき)

凶作がずっと続いたこともあり江戸幕府は農業対策に取り組んできました。そして1649年に3代将軍、徳川家光(とくがわいえみつ)のとき、江戸幕府が農民の生活を統制するために出した法令がありました。この法令を「慶安の御触書(けいあんのおふれがき)」といいます。農民の支配を徹底させて、年貢の取立てを効率よくすることが目的でした。内容を下に記します。

「早おきして草を刈り、昼は田畑で、夜は縄ないなどしてよく働くこと」
「酒・たばこ・茶は飲まないこと」
「木綿以外の着物はきない」

このように、農民たちの支配への服従や、生活の仕方、農業生産のあり方についての心構えを諭しました。

1 6  49   

ひろよく聞け、慶安のお触書!

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]