覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1639年 : 鎖国

江戸幕府は3代目将軍である徳川家光(とくがわいえみつ)の指令により、外国との貿易や交流を禁止して日本を海外から閉ざしていた。 これを鎖国(さこく)という。

※ 鎖国の主な内容
キリスト教の禁止
・スペイン船の来航(らいこう)を禁止
・ポルトガル船の来航を禁止
オランダと中国の清(しん)だけ、長崎の出島(でじま)で貿易を許可

鎖国によってキリスト教の禁止し、大名を統制することで江戸幕府は貿易の利益を独占していった。また、日本独自の文化が発達するようにもなった。

長崎の出島にはオランダ商館がおかれ、シーボルト鳴滝塾(なるたきじゅく)も長崎郊外に開かれた。

1853年アメリカ軍人のペリーが黒船を率いて浦賀に来航し、開国を迫られた。そして翌年に日米和親条約が締結されて、鎖国は終わりを告げた。

   16       3 9   

広(ひろ)く、鎖国()の令を出す江戸幕府 。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]