覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1615年 : 武家諸法度(ぶけしょはっと)

江戸幕府が1615年に、大名を統制するために出した法令を、「武家諸法度(ぶけしょはっと)」といいます。この法令に違反した者は処罰されました。内容は下記の通りです。


・文武両道(ぶんぶりょうどう)の奨励
・新しく城を建てることを禁止して、城の修理を制限
・自由な結婚の禁止

更に、第3代将軍である徳川家光(とくがわいえみつ)は、1635年に参勤交代(さんきんこうたい)を義務づけました。

※ 参勤交代 : 大名を一定の期間、江戸に住むことを強制する制度。大名を江戸と、出身地の国を1年交代で住ませた。大名の家族を人質として江戸に住ませるというものであった。大名は江戸と出身国の移動するための往復費で、負担が増えたため財政力が弱められた。

         16        1 5   

大名の異論(いろん)、以後(いご)は禁止の武家諸法度。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]