覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1600年 : 関ケ原の戦い(せきがはらのたたかい)

東軍の徳川家康(とくがわいえやす)と西軍の石田三成(いしだみつなり)が1600年、岐阜県の関ヶ原(せきがはら)で争いました。この戦いを「関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)」といいます。別名で、「天下分け目の戦い」といいます。

豊臣秀吉(とよとみひでよし)が病死した後、力をつけていった徳川家康(とくがわいえやす)を倒すべく、石田三成(いしだみつなり)が以前に豊臣秀吉に従っていた大名を集めました。

もともと石田側についていた、武将の小早川秀秋(こばやかわひであき)が家康側に寝返り、それが原因で西軍はみるみる総崩れになりました。戦いは家康の勝利に終わりました。この戦いの後、徳川家康は江戸幕府(えどばくふ)を開き、権力を握りました。

         16      00   

大名の疲労(ひろ)が大(おお)きい、関ヶ原の戦い。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]