覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

645年 : 大化の改新

飛鳥時代(あすかじだい)の645年に、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と中臣鎌足(なかとみのかまたり)が、当時の権力者である蘇我入鹿(そがのいるか)を倒しました。

中大兄皇子と中臣鎌足は、天皇を中心とした国づくり「中央集権国家(ちゅうおうしゅうけんこっか)」 を目指し、大きな政治改革を行いました。この政治改革を、「大化の改新(たいかのかいしん)」といいます。そして646年、「改新の詔(かいしんのみことのり)」を発表しました。

改新の詔・・・・・・以下に書いた、4つの政治方針のこと。
公地公民(こうちこうみん) : 豪族がもっていた土地も人民も国のものとする。
・国郡里制 : 地方を国・郡・里に分け、長官として国司・郡司・里長をおく。
班田収授法(はんでんしゅうじゅのほう) : 戸籍をつくり、人民に田を分けあたえる。
租(そ)・庸(よう)・調(ちょう)の新しい税の制度を定める。

   6 4 5 
蒸(しご飯を作って祝う「大化の改新」。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]