覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1588年 : 刀狩(かたながり)

1588年豊臣秀吉(とよとみひでよし)は、農民の一揆を防ぐ目的で、全国の農民から武器を取り上げることを実施しました。これを刀狩(かたながり)といいます。

そして農民から武器を取り上げることで、武器を所有することができるのは武士のみとなりました。秀吉は刀狩を行うことによって、武士と農民の身分をはっきりと区別する兵農分離(へいのうぶんり)にも取り組むつもりでいたのです。

    1 5 8      8   

以後(いご、刃物(もの)を禁止する。秀吉の刀狩。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]