覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1543年 : 種子島に鉄砲伝来

1543年に、鹿児島県の種子島(たねがしま)ポルトガル人の乗った中国船が流れ着きました。そして、日本で始めて鉄砲が伝えられました。 それ以降、鉄砲の製造技術は日本各地に広がり、戦場における新兵器として導入されました。

織田信長(おだのぶなが)は鉄砲を好み、1575年に起きた武田勝頼(たけだかつより)との「長篠の戦い(ながしののたたかい)」では鉄砲を有効活用しました。

    1 5      4

以後(いご)、予算(よさん)が増える、鉄砲伝来

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]