覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1485年 : 山城の国一揆(やましろのくにいっき)

1485年に、山城の国で、農民と国人(武士)が協力して一揆を起こした。この一揆を「山城の国一揆(やましろのくにいっき)」という。

※ 山城 : 現在の京都府の南部

「応仁の乱(おうにんのらん)」が終わった後も各地で争いは続いていた。山城の国では、畠山氏が跡継ぎ争いをしていた。 その中で繰り広げられた戦いで、農民や国人の不満が高まり、とうとう一揆にまで発展していった。

その後1493年まで8年間は、畠山氏の影響を排除して、自治を行うことになった。

         1 4       8 

国中が、意地(いじ)で反抗(う)。山城の国一揆

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]