覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1428年 : 正長(しょうちょう)の土一揆(つちいっき)

1428年(正長元年)の室町時代に、農民が支配者に対して反乱を起こした。この反乱を「正長の土一揆(しょうちょうのつちいっき)」という。別の読み方で、「どいっき」ともいう。

凶作や流行病、将軍の代替わりなどの社会不安が高まり、一揆が起きて各地で借金苦に苦しんだ農民たちが酒屋、土倉、寺院を襲った。

荘園領主や守護大名に対して,年貢の軽減や、借金の帳消しなどを要求し反抗した。

※ 荘園(しょうえん) : 領主の私有地
※ 守護大名(しゅごだいみょう) : 室町時代に、領主となった守護のこと
※ 守護(しゅご) : 鎌倉時代の、武士を仕切るための役職

         1  4 2 8

農民が、必死(にやった、正長の土一揆

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]