覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1404年 : 勘合貿易(かんごうぼうえき)の開始

室町時代に日本と、中国の明(みん)との間に行われた貿易のことで、別名で日明貿易(にちみんぼうえき)ともいう。
室町幕府の3代目将軍である足利義満(あしかがよしみつ)のとき、幕府の財政が苦しくなっていました。これを解決するために財源を確保する必要がありました。
さらに、明からの海賊である倭寇(わこう)のを取り締まってほしいと依頼がありました。

そしてこの両方の問題を解決するために、足利義満は、明との貿易を始めました。この貿易では、倭寇(わこう)と区別するため勘合符(かんごうふ)を使用したので勘合貿易(かんごうぼうえき)といいます。日本からは刀剣・扇・屏風(びょうぶ)が輸出、明からは銅銭(どうせん)・絹織物・書画などが輸入されました。

          1     4 0 4

貿易開始。人(ひと)寄(れよ、勘合貿易

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]