覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1334年 : 建武の新政(けんむのしんせい)

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)は権力を鎌倉幕府から取り戻すために、幕府を倒すことを計画しましたが、それに失敗しました。

そして後醍醐天皇は隠岐(おき)に流されました。隠岐から脱出した後、足利尊氏(あしかがたかうじ)新田義貞(にったよしさだ)楠正成(くすのきまさしげ)らと共に1333年、とうとう幕府を倒すことに成功しました。

※ 隠岐 : 現在の島根県

翌年である1334年に、年号を建武と名づけて、「建武の新政(けんむのしんせい)」をスタートしました。

公家(くげ)と武家(ぶけ)の統一しようとしましたが、武家よりも公家を丁重に扱うなど、武士の反感を買いました。そして足利尊氏の反乱により、建武の新政は失敗に終わりました

※ 公家 : 朝廷に仕える役人のこと
※ 武家 : 幕府に仕える武士のこと

         1 3      3 4

後醍醐天皇。いざ!斬新(ざんしん)な建武の新政。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]