覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1297年 : 永仁(えいにん)の徳政令(とくせいれい)

永仁5年(えいにん5年)(1297)年に鎌倉幕府が御家人(ごけにん)の貧困を解決するために、徳政令(とくせいれい)を出しました。

※ 御家人 : 鎌倉幕府に従う武士のこと

売却・質入された御家人の土地を、もとの持ち主にタダで返還させる決まりを出しました。その結果、高利貸しは御家人への融資(ゆうし)を渋るようになり、御家人の不満は逆に高まりました。

※ 融資 : お金を貸してあげること

徳政令の効果はほんの一時的にしか表れず、幕府は信用を失いました。

             1    2 9 7 

鎌倉幕府には、 皮()肉(にく結果。永仁の徳政令。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]