覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

603年 : 冠位十二階

603年に、高句麗(こうくり)や百済(くだら)での冠位制度を参考にして、聖徳太子(しょうとくたいし)が作った制度です。

※ 高句麗 : 朝鮮半島3国の1つ
※ 百済 : 朝鮮半島3国の1つ

中国で行っていたように、身分によって服装を変えようと試みましたが、それまでの豪族(ごうぞく) の身分制度を変えることは不可能でした。聖徳太子は「身分の上下に関わらず、能力のある者を役人に登用する」という「冠位十二階(かんいじゅうにかい)の制」を作りました。

冠(かんむり)には紫・青・赤・黄・白・黒の6色をそれぞれ濃淡の2種類に分け、人の能力に応じて十二色を使い分けました。
能力に合った、人材を役人に起用しようというものです。

      
群(て見()る冠位十二階

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]