覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1086年 : 白河上皇(しらかわじょうこう)の院政(いんせい)

天皇が自分の位をゆずって、上皇(じょうこう)法皇(ほうおう)になってから、裏から実権を握る政治のことを院政(いんせい)と呼ぶ。

1086年白河上皇(しらかわじょうこう)が行ったのが最初で、鳥羽(とば)・後白河(ごしらかわ)と3代にわたって院政は続いた。

         1 0  8 6 
お仲間に 入(やろうか白河院政

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]