覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1167年 : 平清盛が太政大臣になる

保元の乱平治の乱で手柄を立てた平清盛(たいらのきよもり)1167年に、太政大臣(だじょうだいじん)に抜擢された。

※ 太政大臣 : 飛鳥時代から明治時代まで存続した官職

こうして地位を確立した清盛は、平氏一門をどんどん高官に起用していき平氏による支配体制を強めていった。一時期は日本の半分以上が平氏の支配下におかれ、磐石な経済基盤を築いた。

さらに大輪田泊(おおわだのとまり)を修築して宋の商船を招いて日宋貿易(にっそうぼうえき) を積極的に行い、莫大な富を手にしたのである。

※ 大輪田泊 : 現在の神戸市
※ 日宋貿易 : 当時の中国(宋)との貿易

         1 1   6 7         
源氏の人々(ひとびとむなしい、清盛の太政大臣

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]