覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1839年 : 蛮社の獄

「大塩平八郎の乱」が起きた1837年、日本人の漂流民を乗せたアメリカ船のモリソン号を江戸幕府が攻撃し、これをモリソン号事件という。江戸幕府は「外国船打払令」を守ってモリソン号を追い払ったが、この事件を高野長英(たかのちょうえい)や渡辺崋山(わたなべかざん)が批判した。

鎖国(さこく)に対して非難したため1839年、彼らは処罰されることになった。これを「蛮社の獄(ばんしゃのごく)」という。

       1 8  39         
批判炸裂(ひはさくれつ)する「蛮社の獄」

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]