覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1825年 : 外国船打払令

江戸幕府は1825年に諸藩に対し、日本に近づく、清とオランダ以外の外国船を砲撃して撃退するように命令した。これを外国船打払令(がいこくせんうちはらいれい)という。江戸幕府は、鎖国(さこく)を守り続けようとした。 高野長英(たかのちょうえい)はこれに反対したため、収監された。

外国船打払令の内容
外国船が入港するのを見たなら、有無を言わさず、いちずに打ち払え。逃亡したら追う必要はない。もし、強引に上陸したら、捕まえるか、または打ち殺してもさしつかえない。

しかし、アヘン戦争の結果を知った江戸幕府は1842年に外国船打払令をやめ、外国船に食料などの補給を行うようになった。

     1  8 2 5         
「一発(ぱつめん!」外国船打払令

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]