覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1522年 : マゼランが世界一周

ポルトガルの航海者であるマゼランは、香辛料の産地であるモルッカ諸島への西回り航路の開拓を目指して、スペイン王の援助のもと出航した。

南アメリカ大陸を南下していき、西の海へと抜ける道を発見した。ここは後にマゼラン海峡(かいきょう)と名づけられた。このマゼラン海峡を経て、フィリピンのセブ島へ到達した。

現地のイスラム教徒のラプ=ラプと争いになり、マゼランは戦死する。その後、部下は航海を続け、1522年にスペイン人に帰還した。これが初の世界一周となった。

   1 5      2  2         
行(う、夫婦()で世界一周!

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]