覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1521年 : アステカ帝国が滅亡

メシカ族が14世紀にメキシコ中央高原に都市を築いて栄えた国をアステカ帝国という。最盛期にはメキシコ湾から太平洋沿岸にまでを領有し、首都テノチティトランの人口は数十万人に達して、当時の世界最大級の都市であった。

マヤ文明を受け継いで巨大な石づくりのピラミッド神殿を建設し、太陽信仰を持っていた。生きた人間の心臓を取り出す儀式を行うなど、人身御供(ひとみごくう)の神事が特徴的であった。

1521年にスペイン人のコルテスによって滅ぼされスペインの植民地となった。1533年にインカ帝国が滅亡したのも、同じくスペインによるものである。

     15      2 1         
以後(いご)、不意(ふい)をつかれたアステカ帝国

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]