覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1467年 : 応仁の乱

1467年に20万を超える兵が京都に集結し、11年間も争う戦乱が起きた。これを「応仁の乱(おうにんのらん)」という。

幕府の実力者であった細川勝元(ほそかわかつもと)山名宗全(やまなそうぜん)の抗争に、将軍家の跡継ぎ問題が加わって、戦乱が大きくなり、長引くことになった。

この応仁の乱で京都は焼け野原となり、室町幕府の権威は失墜していった。そして世は群雄が割拠する戦国時代へと突入していった。

   1       4 6 7         
人(ひと)の世(むなしい、応仁の乱

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]