覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1016年 : 藤原道長が摂政となる

藤原道長(ふじわらのみちなが)は権力を高めていくために、長女である彰子(あきこ)を一条天皇に嫁がせました。そして三条天皇が即位すると、二女の妍子(よしこ)も嫁がせました。

三条天皇が病気になったため、彰子が産んだ敦成(あつなり)が即位して、後一条天皇(ごいちじょうてんのう)となりました。

そして1016年、藤原道長は外祖父として、摂政(せっしょう)に任じられたのです。

※ 摂政 : 天皇が女性や子どもの場合、天皇を助けて政治を行う役職

   1      0    1 6         
人(ひと)の輪()、広(ひろ)めて摂政へ!

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]