覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

589年 : 隋が中国を統一

北朝と南朝に分裂していた当時の中国を、589年隋(ずい)という王朝が統一を果たした。581年に隋という国が建てられ、北朝の力を引き継いで強くなり、589年に南朝を倒して中国を統一。晋(しん)以来、273年ぶりの中国統一であった。

南北を結ぶ大運河を作り、都を長安(ちょうあん)においた。また、科挙(かきょ)という試験で官僚を採用したのが特徴。

隋の二代目皇帝の煬帝(ようだい)のとき、607年聖徳太子(しょうとくたいし)遣隋使(けんずいし)を送った。

618年に隋は滅び、これに代わって唐(とう)が中国を統一した。

           5  8 9  
隋が統一、紅白(はく)まんじゅう!

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]