覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

935年 : 承平の乱

平安時代、桓武天皇の子孫である平将門(たいらのまさかど)が反乱を起こしました。

平将門は下総(しもうさ)に本拠をもつ豪族で、935年に一族と内部争いをおこし、叔父を殺害しました。これを承平の乱(平将門の乱)といいます。

939年には常陸(ひたち)・下野(しもつけ)・上野(こうずけ)を攻め落とし、一時は関東を制覇しましたが。朝廷に反旗を翻し、自らを新皇(しんのう)と名乗りましたが、翌年に関東武士にほろぼされました。

※下総、常陸 : 現在の茨城県
※下野 : 現在の栃木県
※上野 : 現在の群馬県

9 3 5 
クミコびっくり!将門の反乱

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]