覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

1986年 : チェルノブイリ原発事故

1986年にソビエト連邦(現在はウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所で、原子力事故が起きました。これをチェルノブイリ原発事故といいます。

炉心溶融(ろしんようゆう)をしてから爆発し、放射能による被害は国境を越えて、ヨーロッパ全域に深刻な影響を与えました。この放射能は、広島に投下された原子爆弾の500倍の放出量とも言われています。
ソ連政府は機密漏洩を恐れてこの事故を公表しませんでした。このことも重なり、被害が甚大化・広範化し、史上最悪の原子力事故となりました。

※ 炉心溶融 : 原子炉が高熱により溶けて破損すること

1  9 8 6   

やむなしのチェルノブイリ原発事故

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]

  Untitled Document