覚えるのが大変な歴史年号を、ゴロ合わせで覚えていきましょう!

239年 : 卑弥呼が魏に使いを送る

日本が弥生時代の頃、中国は3つの国に分裂していて、それぞれの国の名前は魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)といいました。三国志の時代の話です。
その3つの国の中でも、魏(ぎ)という国が最も力がありました。

卑弥呼は一番力のあった魏と協力しようと考え、239年に使者を向かわせました。
使者は無事に魏までたどり着き、絹織物などの贈り物を納めました。
そして魏の皇帝から、卑弥呼は「新魏倭王(しんぎわおう)」の称号と金印を授かりました。

  2 3 9
文(ふみれと、卑弥呼が使いを魏に送る。

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]