中学英語

要点チェック

Ken runs fast . (ケンは速く走ります。)
She plays tennis every Sunday . (彼女は毎週日曜日にテニスをします。)

「〜を持っています」「一般動詞の否定文・疑問文」で紹介した一般動詞の使い方ですが、今回は更に踏み込んだ内容となっています。
これまで主語は I や you の文がメインでしたが、それ以外の主語の場合ではどうすればよいのかというのが今回のテーマです。

結論からいいますと、主語が3人称単数・そして現在形のときには一般動詞の語尾にSをつけることになっていて、これを3単現のSといいます。
3人称や単数の意味がわからない人は、人称のページをご覧ください。
中1ではほとんどが現在形の文章ですので、3学期に学習する「過去形」に入るまでは、それほど気にする必要はありません。

3単現のSのつけ方にはルールがあって、それを下の表に示します。

一般動詞の種類 3単現のSのつけ方 具体例
ほとんどの場合 語尾に s play → plays , run → runs
sh , ch , o で終わる動詞 語尾に es をつける wash → washes , go → goes
子音字 + y で終わる動詞 y を i に変えて es をつける study → studies

※ 子音字 : a , i , u , e , o 以外のアルファベット

<例文>
@ 彼は時々大阪へ行きます。
   He sometimes goes to Osaka .

A クミはお母さんを手伝います。
   Kumi helps her mother .

B その少年は野球が好きです。
   The boy likes baseball .

覚えるべき単語

held : 手伝う

deaf : 難聴の

ear : 耳

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]