テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「狩野永徳(かのう えいとく) 」

狩野永徳(かのう えいとく)プロフィール

■ 安土・桃山時代の絵師。京都生まれ。

■ 日本美術史上、著名な画人の1人。

■ 永徳の代表作の1つである洛中洛外図(らくちゅうらくがいず)は、織田信長(おだのぶなが)から上杉謙信(うえすぎけんしん)に贈られた。

■ 永徳の障壁画(しょうへきが)は、信長や豊臣秀吉(とよとみひでよし)に重宝された。

■ 狩野永徳の代表作
「聚光院障壁画(じゅこういんしょうへきが)」
「洛中洛外図(らくちゅうらくがいず)」
「唐獅子図屏風(からじしずびょうぶ)」

■ 狩野派は後も幕府の御用絵師(ごようえし)として栄え、日本絵画史上、最大の画派となった。菱川師宣(ひしかわもろのぶ)葛飾北斎(かつしかほくさい)も狩野派の技術を学んだ時期がある。

狩野永徳のまとめ
・日本を代表する絵師。「洛中洛外図」「唐獅子図屏風」など
・豊臣秀吉や織田信長に重宝された

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]