テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「明智光秀(あけち みつひで) 」

明智光秀(あけち みつひで)プロフィール

■ 戦国時代の武将。源氏の末裔で、美濃(みの)に生まれる。

※ 美濃 : 現在の岐阜県

■ 越前国(えちぜんのくに)の朝倉氏に仕えた。

※ 越前国 : 現在の福井県 

■ その後、将軍である足利義昭(あしかがよしあき)に仕えた。

※ 川中島の戦い : 武田信玄と上杉謙信が、信州の川中島で北信濃(きたしなの)の領有をめぐって5度戦った合戦

■ 足利義昭が織田信長(おだのぶなが)と対立するようになると、光秀は信長についた。

■ 同じく信長の部下であった豊臣秀吉(とよとみひでよし)らと共に活躍し、頭角を現した。

■ 1582年に主君である織田信長を裏切り、本能寺(ほんのうじ)で信長を自殺に追い込んだ。これを「本能寺の変」という。

■ その数日後、敵討ちに出た豊臣秀吉と争い(山崎の戦い)、敗れる。逃亡中に遭遇した百姓に竹槍で刺し殺された。

明智光秀のまとめ
・織田信長に仕えた
・「本能寺の変」で信長を裏切り、自害させた

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]