テストによく出る歴史人物を、ポイントを押さえて解説していきます

「新田義貞(にったよしさだ) 」

新田義貞(にったよしさだ)プロフィール

■ 鎌倉時代の御家人(ごけにん)。源氏の子孫であり、群馬県に生まれる。

※ 御家人 : 鎌倉幕府に仕える武士

■ 1331年に起きた「千早城の戦い」で、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)側の楠木正成(くすのきまさしげ)を攻めた。

■ その後、新田義貞は鎌倉幕府を離反して、後醍醐天皇につくことになった。

■ 「建武の新政」足利尊氏(あしかがたかうじ)と共に活躍した。

■ 足利尊氏と後醍醐天皇が対立して北朝と南朝に分かれ、新田義貞は南朝についた。

■ 越前(えちぜん)で味方部隊を督戦に向かう途中、偶然にも敵軍と遭遇してしまい、戦闘の末に戦死。

※ 越前 : 現在の福井県

新田義貞まとめ
・鎌倉幕府の御家人であった
・建武の新政において、鎌倉幕府打倒に活躍した

無料体験授業ご予約は
06−6170−7555

[このページの先頭へ]